平均 どのくらい

日本人の陰茎の平均値はどのくらい?

平均より小さいことで悩んでいる人は多いはずです

 

男たるものやっぱり陰茎は大きくありたいものです。
そこで気になるのが、日本人の陰茎の平均値ですよね。
平均と比べて自分の陰茎は短いのか、長いのか知りたいですよね。
そこで早速調べてみました。

 

「日本人の陰茎の平均値は?」
日本が誇るコンドームメーカーのオカモトによると、勃起時の日本人の陰茎の長さの分布は以下のとおりです。

 

サイズ     割合
12センチ未満 4%
120〜139センチ 31%
140〜159センチ 34%
160〜179センチ 13%
180〜199センチ 12%
200センチ以上 6%

 

これを見ると120センチから160センチの間に半数以上が収まっている感じですね。
平均値を計算すると、だいたい151センチになります。

 

「短小ってどのくらいのことを指すのか」
ということは、もし自分の陰茎のサイズが平均値の151センチ以下だった場合は、やはり短小ということになるのでしょうか?
そもそも、短小って具体的に基準とかあるのでしょうか?
短小の基準について色々調べたのですが、短小の具体的な基準はないようです。

 

ただ、具体的に「この基準を外れたら短小」というのはないのですが、医学的には勃起した状態で50センチ以下だと「マイクロペニス」と呼ばれるそうです。
このマイクロペニスに認定されると、医学的な治療が必要になります。

 

あと、女性が感じる「短小」ってどのくらいかも気になりますよね。
男であればやっぱり女性を満足させたいですから。
女性が短いなって不満に感じるのは、やはり、挿入された時に膣の奥にぶつからない時でしょう。
その観点からすると、女性の膣の長さは70〜120センチと言われていますので、この基準から外れると短小と思われてしまうのかもしれません。

 

 

 

日本人の陰茎の平均値と短小の基準について調べてみましたが、いかがでしょうか?
成人男性のうち、半数以上は自分の陰茎のサイズが小さいと思って悩んでいるようです。
陰茎が小さいから人前に裸になれない、水着になれない、女性に積極的になれないなんて言う方も多いです。
お金や時間がなくても陰茎を伸ばす方法はあります。
自分に合った方法で陰茎を伸ばすことができるといいですね。